FC2ブログ

このサイトについて

このサイトは一人の男が自身の記録をつける為だけのもの、謂わば単なる日記である。
少しでも日記を通して自分を見つめ直すことや、ある程度の語彙力、文章形成を得るためのものである。
多くの人にとってこのサイトから得るものはない。
しかし、好奇の目で私の日記をご覧になる奇特な方がいて、
少しでも面白みを感じて頂けたら、これ以上の喜びはない。
  • 皆様の幸福と平穏を祈って

人間失格②

 つまり自分には、人間の営みというものが未だに何もわかっていない、という事になりそうです。自分の幸福の観念と、世のすべての人たちの幸福の観念とが、まるで食い違っているような不安、自分はその不安のために夜ヶ、転々し、呻吟し、発狂しかけた事さえあります。自分は、いったい幸福なのでしょうか。自分は小さい時から、実にしばしば、仕合せ者だと人に言われて来ましたが、自分ではいつも地獄の思いで、かえって、自分を仕合せ者だと言った人たちの方が、比較にも何もならぬくらいずっとすっと安楽なように自分には見えるのです。
 自分には、禍のかたまりが十個あって、その中の一個でも、隣人が背負ったら、その一個だけでも充分に隣人の生命取りになるのではあるまいかと、思った事さえありました。
 つまり、わからないのです。隣人の苦しみの性質、程度が、まるで見当つかないのです。プラクテカルな苦しみ、ただ、めしを食えたらそれで解決できる苦しみ、しかし、それこそ最も強い苦痛で、自分の例の十個の禍など、吹っ飛んでしまう程の、凄惨な阿鼻地獄なのかもしれない、それは、わからない、しかしmそれにしては、よく自殺もせず、発狂もせず、政党を論じ、絶望せず、屈せず生活のたたかいを続けて行ける、苦しくないんじゃないか?エゴイストになりきって、しかもそれを当然の事と確信し、いちども自分を疑った事が無いんじゃないか?それなら、楽だ、しかし、人間というものは、皆そんなもので、またそれで満点なのではないかしら、わからない、……夜はぐっすり眠り、朝は爽快なのかしら、どんな夢を見ているのだろう、道を歩きながら何を考えているのだろう、金?まさか、それだけでも無いだろう人間は、めしを食うために生きているのだ、という説は聞いたことがあるような気がするけれども、金のために生きている、という言葉は、耳にした事が無い、いや、しかし、事に依ると、……いや、それもわからない、……考えれば考えるほど、自分にはわからなくなり、自分ひとり全く変わっているような、不安と恐怖に襲われるばかりなのです。自分は隣人と、ほとんど会話が出来ません。何を、どう言ったらいいのか、わからないのです。
 そこで考え出したのは、道化でした。
 それは、自分の、人間に対する最後の求愛でした。自分は、人間を極度に恐れていながら、それでいて、人間を、どうしても思いきれなかったらしいのです。そうして自分は、この道化の一線でわずかに人間につながることができたのでした。おもてでは、絶えず笑顔をつくりながらも、内心は必至の、それこそ千番に一番の兼ね合いとでもいうべき危機一髪の、油汗を流してのサーヴィスでした。
 自分は子供の頃から、自分の家族の者に対してさえ、彼等がどんなに苦しく、またどんな事を考えて生きているのか、まるでちっとも見当つかず、ただおそろしく、その気まずさに耐えることが出来ず、すでに道化の上手になっていました。つまり、自分は、いつのまにやら、一言も本当の事言わない子になっていたのです。
 その頃の、家族たちと一緒にうつした写真などを見ると、他の者たちは皆まじめな顔をしているのに、自分ひとり、必ず奇妙に顔をゆがめて笑っているのです、これもまた、自分の幼く悲しい道化の一種でした。
 また自分は、肉親たちに何か言われて、口答えしたことはいちごもありませんでした。そのわずかなおこごとは、自分には霹靂の如く強く感ぜられ、狂うみたいになり、口答えどころか、そのおこごとこそ、いわば万世一系の人間の「真理」とかいうものに違いない、自分にはその真理を行う力が無いのだから、もはや人間と一緒に住めないのではないかしら、と思い込んでしまうのでした。だから自分には、言い争いも自己弁解も出来ないのでした。人から悪く言われると、いかにも、もっとも、自分はひどい思い違いをしているような気がして来て、いつもその攻撃を黙して受け、内心、狂うほどの恐怖を感じました。
スポンサーサイト



最近の話

いきなり人間失格の写生なんかをしたけど、自分は根は暗い方ではないんですよ。
自堕落でモラトリアムで今も自立できないんですが、根は暗くないんです。
だけど何故か共感するところも多いんですよね。不思議ですね(笑)

では、根が明るい自分の話なんですが、

最近ある女の子と出会いまして。
自分は全く根暗ではないんですが、女の子と社会で会う機会がまれにある程度なんですよね。決して根暗ではないです。そうなるとやっぱりネットですよ。便利な世の中になったもんだ。

でまぁ、何度か楽しいお話をしました。自分はいつもお互い楽しい時間を過ごせるように初めて会う人とは努めて楽しく話すように心掛けているんですよ。まぁそのプロ意識が報われたんですかね、うまい具合に食事に誘うことができたんです。晩御飯ですね。んでー、まぁ簡単な日取りを決めて、当日時間をきめようという塩梅になったんですね。

私も一人の男として、ね、女性とご飯に行くときの心得なんかもね、あるわけですよ。
まぁ、まず身だしなみですかね。その時ちょうど一週間くらい前にですね、夏服なんかを買ってですね、まーこれで服装に関しては、クリアだと。んでもって、後は、髪かな。これはその女性と会う三日くらい前にですね、その日に合わせて切ったんですよ。わざわざ。まぁちょうど伸びてきたころだったからいいんですけどね。あ、あと、よくA型人間と言われるんですが、車も洗いに行ったんですよ。このクソ暑い中ほんとにね。太陽の恵みを体でしっかりうけとめて!汗とかよく分かんない汁とかね垂れ流して、ぴかぴかとまでは言いませんが、まぁ現状ある程度、現状出来る範囲でしっかり洗ったわけです。まー手間暇かけて用意して、別にこういうの嫌いじゃないですけどね。むしろ当日のことを考えながら色々準備するのは中々楽しいですよ。

んで、まぁそんなこんなで、お食事前日になりましたと。相手から全く連絡はないです。メールしても帰ってきません。まぁ、忙しいのかな?と思ってー、当日連絡するように決めてましたので、当日連絡したんですよ。1時ごろ。まー返ってこないですよね。超楽観的に見て、3時にもう一度メールしました。来ないです。

ろくなもんじゃねえよ。くそが。

まぁ無理ならいいんです。無理って一言いってくれれば。無理くり食事にいっても、お互い楽しくないのは目に見えてますから。でもね、なんの連絡もなく時間だけが過ぎていくのはまじ勘弁だわ。その日一日そのことばっかり頭によぎって何度も携帯触る羽目になるし。身動き取りにくいし。まあ、ひどい言い方をすれば踊らされているようなものです。

結局連絡は7時にきて、「寝てました(><)」と。ごめんなさいの一言もねぇのかよブスと。
まぁ確かに時間をしっかり決めずに当日決めたのが悪かったかもしれません。けどそれは彼女が、当日決めたい、と言ったからで、まぁ実際その日気分が乗らないかもしれないとかあるし、その気持ちも分からなくはないのでそういう風に段取りしたんです。

そしてそうなることがだいたい分かっていた私は適当に車を走らせて晩御飯の当てを探していたんですよ。したらまーどしゃ降りで。トッラクにしっかり泥水をはねられて、あのクソ暑い洗車はなんだったのだろうと考えるだけでイラつき、やがて、ため息がいつでも出る態勢になりました。

して、道中の車の中から見たのですが。激しい雨の中、学生4人グループが、傘を揺らしてキャーキャー言いながら、横断歩道を渡っているのを見た時、私は腹の底から深い深いため息をつきました。

はあーーー。

人間失格①

 恥の多い生涯を送って来ました。
 自分には人間の生活というものが、見当つかないのです。自分は東北の田舎に生まれましたので汽車をはじめて見たのは、よほど大きくなってからでした。自分は停車場のブリッジを、上って降りてそうしてそれが線路をまたぎ越えるために造られたものだという事には全然気づかず、ただそれは停車場の構内を外国の遊戯場みたいに、複雑に楽しく、ハイカラにするためにのみ、設備せられてあるものだとばかり思っていました。しかも、かなり永い間そう思っていたのです。ブリッジの上ったり降りたりは、自分にはむしろ、ずいぶん垢抜けのした遊戯で、それは鉄道サーヴィスの中でも、最も気のきいたサーヴィスの一つだと思っていたのですが、のちにそれはただ旅客が線路をまたぎ越えるための頗る実利的な階段に過ぎないのを発見して、にわかに興が覚めました。
 また自分は子供の頃、絵本で地下鉄道というものを見て、これもやはり、実利的な必要から案出せられたものではなく、地上の車に乗るよりは、地下の車に乗ったほうが風がわりで面白い遊びだから、とばかり思っていました。
 自分は子供の頃から病弱で、よく寝込みましたが、寝ながら、敷布、枕のカヴァを、つくづく、つまらない装飾だと思い、それが案外に実用品だった事を、二十歳ちかくになってわかって、人間のつましさに暗然とし、悲しい思いをしました。
 また、自分は、空腹という事を知りませんでした。いや、それは、自分が衣食住に困らない家に育ったという意味ではなく、そんな馬鹿な意味ではなく、自分には「空腹」という感覚はどんなものだか、さっぱりわからなかったのです。へんないいかたですが、おなかが空いていても、自分でそれに気がつかなかったのです。小学校、中学校、自分が学校から帰って来ると、周囲の人たちが、それ、おなかが空いたろう、自分たちにも覚えがある、学校から帰って来た時の空腹は全くひどいからな、甘納豆はどう?カステラも、パンもあるよ、などといって騒ぎますので、自分は持ち前のおべっか精神を発揮して、おなかが空いた、と呟いて、甘納豆を十粒ばかり口にほうり込むのですが、空腹感とは、どんなものだか、ちっともわかっていやしなかったのです。
 自分だって勿論、大いにものを食べますが、しかし、空腹感から、ものを食べた記憶は、ほとんどありません。めずらしいと思われたものを食べます。豪華と思われたものを食べます。そうして、子供の頃の自分にとって、最も苦痛な時刻は、実に、自分の家の食事の時間でした。
 自分の田舎の家では十人くらいの家族全部、めいめいのお膳を二列に向い合せに並べて、末っ子の自分は、もちろん一ばん下の座でしたが、その食事の部屋は薄暗く、昼ごはんの時など、十幾人の家族が、ただ黙々をしてめしを食っている有様には、自分はいつも肌寒い思いをしました。それに田舎の昔気質の家出したので、おかずも、たいていきまっていて、めずらしいもの、豪華なもの、そんなものは望むべくもなかったので、いよいよ自分は食事の時刻を恐怖しました。自分はその薄暗い部屋の末席に、寒さにがたがた震える思いで口にごはんを少量ずつ運び、押し込み、人間は、どうして一日に三度々々ごはんを食べるのだろう、実にみな厳粛な顔をして食べている、これも一種の儀式のようなもので、家族が日に三度々々、時刻をきめて薄暗い一部屋に集り、お膳を順序正しく並べ、食べたくなくても無言でごはんを噛みながら、うつむき、家中にうごめいている霊たちに祈るためのものかも知れない、とさえ考えた事があるくらいでした。
 めしを食べなければ死ぬ、という言葉は、自分の耳には、ただイヤなおどかしとしか聞こえませんでした。その迷信は、(いまでも自分には、何だか迷信のように思われてならないのですが)しかし、いつも自分に不安と恐怖を与えました。人間は、めしを食べなければ死ぬから、そのために働いて、めしを食べなけれなならぬ、という言葉ほど自分にとって難解で晦渋で、そして脅迫めいた響きを感じさせる言葉は、なかったのです。

TEST

初めての投稿です。慣れるまでしばらく時間がかかるでしょう。
のんびり少しづつ、細く長く続けて行こうと思います。

しばらくは純文学の写生でもしましょうか。
美しい日本語、目上を敬わる品のある敬語を使えるように私はなりたい。

Profile

椎名
Author:椎名


椎名林檎を愛し
モヒートを愛し
hi-liteを愛する

最新コメント

月別アーカイブ

Counter

BlogRanking

検索フォーム

QRコード

QR